明日はチェコスロヴァキア独立記念日

 標題どおりですが、明日はチェコスロヴァキア独立記念日です。
 ところが今はチェコスロヴァキアという国は存在せず、チェコスロヴァキアを元にチェコという国とスロヴァキアという国があります。

 受け止め方が違います。
 チェコでは明日10月28日は祝日です。
 スロヴァキアでは祝日ではありません。
 温度差を感じられずにはいられません。
 チェコはチェコスロヴァキア時代の国旗をそのまま受けつぎました。スロヴァキアは独自の国旗を定めました。
 スロヴァキアにとっての独立記念日は1993年1月1日です。チェコも1993年1月1日に成立しました。しかしながらこの日はチェコにとっては「新年」という祝日です。独立記念日ではありません。
 チェコスロヴァキアを受け継ぐのはチェコであるという主張を聞くことができます。スロヴァキアでは聞くことができません。
 明日でチェコスロヴァキア独立から87年です(1918年10月28日独立宣言)。
 私は特にスロヴァキアの人々がどのようにこの日を解釈しているのか知りたいです。
 スロヴァキアは以下のように宗主国を変えていきました。
 ~1867年までオーストリア帝国
→~1918年、オーストリア・ハンガリー二重君主国のハンガリー部分(ハンガリー化がスロヴァキアでも進まれる)
→~1938年、チェコスロヴァキア(チェコ人官僚がこの時期以降、スロヴァキア統治に当たって派遣されるようになる スロヴァキア人にとっては必ずしも彼らの事を快く思わなかったようです(当時の選挙結果を見るとかなり明らか))
→~1939年~1945年、ナチスドイツの傀儡国家ながらもチェコスロヴァキアから独立
→1945年~1968年、チェコスロヴァキアの構成部分になる
→1969年~1992年、チェコスロヴァキア連邦制国家へ変貌を遂げる。以前より多くの自治を得る
→1993年~スロヴァキア
このようにしてスロヴァキアを支配していた国はめまぐるしく変わり、スロヴァキア人によるいわゆる「国民国家」が存在したのは1939~1945年と1993年以降です。
 しかしながら、チェコスロヴァキア時代においては間違いなくスロヴァキアは重要な構成部分でした。そしてスロヴァキアはチェコ支配層によってかなり近代化を進めました。

 明日にはスロヴァキアのメディアにこの10月28日についての評論がされることでしょう。注目です。
[PR]
by zmrzlina | 2005-10-27 21:02 | チェコスロヴァキア史
<< 最初のチェコスロヴァキア切手 バナーを公開いたします >>