最初のチェコスロヴァキア切手

 今日12月18日は初のチェコスロヴァキア切手が発行された日です。1918年12月18日のことでした。
 この切手をデザインしたのはかのアルフォンス・ミュシャです。独立宣言が1918年10月28日ですから40日間以内に図案を仕立てて、そして切手にして発行した訳ですから突貫工事もいいところです。
 チェコスロヴァキアが新興国家として成立することを宣言しているかのように太陽が描かれています。実はこの風景を見るときは南から北を見るので天文学的にはありえないことですが、ミュシャはそれをあえて承知でこの図案を採用しました。
 これから87年経ちました。デザインとしてはさすがミュシャだと思います。しかしながら、この87年の間にチェコスロヴァキアは様々な事件を経ました。確かにチェコスロヴァキア切手は非常に私を捉えて離さないものですが、果たしてチェコスロヴァキア独立が本当にチェコスロヴァキア地域にとって利益のあったものか、それは今でも議論されていることです。
  いずれにせよ、チェコスロヴァキアの切手はこれから始まりました。a0011027_2374627.jpg
[PR]
by zmrzlina | 2005-12-18 23:08 | チェコスロヴァキア史
<< カレル橋について 明日はチェコスロヴァキア独立記念日 >>