Hej Jude

 1968年のチェコスロヴァキアでの改革運動であった「プラハの春」の際に活躍していた歌手マルタ・クビショヴァーの歌を聴く機会にあいました。

 曲はかのビートルズの「Hey Jude」です。この歌を歌っては「プラハの春」で人々を勇気付けていたそうです。「Hey Jude」はもはや説明のする余地もないほどの有名曲、名曲です。しかしながら、マルタ・クビショヴァーはこの歌を歌う際にはタイトルを「Hey」から「Hej」にしています。チェコ語はjは英語のyに近い音であるとはいえるので、そういう風にしてあわせたかしらんと想像しています。

 そうでありながら、「Jude」の部分は全く変化させずに「Jude」にしています。結局マルタ・クビショヴァーのそれは「Hej Jude」です。何だか面白いです。チェコ語は大体人名がチェコ語化するときにはしばしば綴りを変えたり(例:英語:John→チェコ語:Jan)、発音を大幅に変えたりすることがあります(英語:Geoge→チェコ語:Jiří(イジー))。にもかかわらず。このJudeの場合は何があったのか分かりませんが、「Jude」のままです。歌そのものが1960年代であり、1968年の「プラハの春」に前後しているという意味で興味深い歌ですが、チェコ語という観点から見ても興味深いタイトルをつけていると感じました。

 あい変わらずチェコ語には悩まされます。外来語を変化させてチェコ語化したり、しなかったりで・・・。なかなか厄介なものです。
by zmrzlina | 2005-02-23 20:40 | チェコ語
<< 57年前の今日(前編) 1945年2月13-15日 >>