人気ブログランキング | 話題のタグを見る

帰国とルーマニア観光について

 報告しないのも問題ですので・・・。8月14日に無事にルーマニアから日本に帰ってきました。帰路もブカレストのオトペニ空港→ミラノのマルペンサ空港→成田空港→自宅でした。非常に時間がかかったものです。

 さてルーマニアの観光ということですが、下の方で書いたようにブカレストは一般的な観光地は本当に少ないです。国民の館という巨大な建物位でしょうか。あとはもう旅行者の関心次第で変わると思います。ただブカレストは博物館が充実していると思うので、博物館めぐりという点では面白いかもしません。美術館のレベルも実は高いそうですし・・・。

 しかしながらやはり見て周るとなると、断然地方です。ブカレスト以外と換言してもいいと思います。いかにもヨーロッパという雰囲気を残す町々が多く、私が行ったところでもブラショフ、シギショアラ(この町に至っては世界遺産)、クルージ-ナポカなどがありました。クルージ-ナポカに至っては様々な民族集団、言語を見る事ができます。ここではハンガリー語によく遭遇します。

 他にもルーマニアの軽井沢とも言えそうな町シナイアも良かったです。ルーマニア王の趣味で立てたお城、ペレシュ城もさることながら町全体に優雅な城館がたくさん並び良い雰囲気を醸し出しています。脚力に自信のある方はこの町は小さいので自転車を利用して町を回ることお薦めします。ただし勾配のきついところが多いのが難点ですが・・・。

 いかにもルーマニア的といえば、ウクライナとの国境にも近い、「五つの修道院」なる外壁にも内壁にも宗教画が描かれている修道院群とそれらの修道院のある地域周辺の風景だと思います。宗教画は、人一人一人のポーズが硬直しているにも関わらず、非常に迫力があります。完成度の高い絵画で、見る価値があると思います。日本では馴染みの薄い正教会建築、絵画ですし・・・。ただしアクセスは本当に悪いです。

 とりあえず、ルーマニアの観光に関して感じたことの一部を挙げるとこんな風です。非常に楽しめました。
帰国とルーマニア観光について_a0011027_21284190.jpg

by zmrzlina | 2004-08-23 21:23 | ルーマニア
<< 交通情報 更新 >>